クレジットカードの暗証番号はしっかりと管理することが大事

クレジットカードの暗証番号は4桁の数字が設定されることが多いですが、カード会社から設定されたものではなく自分で任意の番号を設定する場合、他人から推測されにくい番号に設定する必要があります。他人から推測されやすい番号としては、同じ数字が並んでいたり、生年月日や電話番号をそのまま暗証番号にしていたりする場合などが挙げられます。暗証番号には出来る限り個人の情報や語呂合わせ等とあまり関連性のない数字の羅列が望ましいですが、忘れないようにと財布等にカードと一緒に暗証番号のメモを入れたりすることもセキュリティの面から見てリスクが大きいのでやめておきましょう。このように暗証番号の管理に何らかの問題を抱えているとカードの盗難保険が適用されない場合があるので注意が必要です。