クレジットカード作成でポイントゲット

年会費無料のクレジットカードは何枚あっても困るものではありません。またクレジットカードの種類によって獲得できるポイントの種類も異なるために、何枚かのクレジットカードを持っていることには大きなメリットがあると感じています。そして最近、もう一枚クレジットカードを作ろうかどうかで悩んでいます。その理由はポイントです。今自分が作ろうとしているクレジットカードはキャンペーンを行っており、キャンペーン期間中にカードを作った人には7,000円分のポイントが付与されます。もちろんこのクレジットカードは年会費が無料であるために、このポイント付与サービスは非常にお得なのです。審査に通るかどうかはわかりませんが、作成にチャレンジしようと思っています。

クレジットカードで安全に海外旅行

海外旅行に行くのに、お金はどのように持って行ったら良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。海外旅行では、まずはクレジットカードを持って行くことをおすすめします。日本に比べてクレジットカードでの支払いを導入しているお店は多いので、露店などや有料のトイレなど以外では、ほとんどクレジットカードでの支払いとなります。また、あまり多くの現金を持ち歩くと海外ではスリや置き引きなどが非常に多いので、心配です。もし手持ちの現金が無くなっても、キャッシュ機能付きのクレジットカードならば、すぐに引き出すことができます。そのため、少しの現金とクレジットカードを持って行くことが一番良いと思います。また、何かあった時のために、カードを複数持って行き、旅行カバンや手持ちのカバン、首からぶらさげておくなど、分散させて持っておくことが一番安心できると思います。盗難などに合うと、折角の楽しい海外旅行が台無しです。ぜひ、便利なクレジットカードで安全に海外旅行を楽しんで下さい。

クレジットカードの暗証番号はしっかりと管理することが大事

クレジットカードの暗証番号は4桁の数字が設定されることが多いですが、カード会社から設定されたものではなく自分で任意の番号を設定する場合、他人から推測されにくい番号に設定する必要があります。他人から推測されやすい番号としては、同じ数字が並んでいたり、生年月日や電話番号をそのまま暗証番号にしていたりする場合などが挙げられます。暗証番号には出来る限り個人の情報や語呂合わせ等とあまり関連性のない数字の羅列が望ましいですが、忘れないようにと財布等にカードと一緒に暗証番号のメモを入れたりすることもセキュリティの面から見てリスクが大きいのでやめておきましょう。このように暗証番号の管理に何らかの問題を抱えているとカードの盗難保険が適用されない場合があるので注意が必要です。