目的を決めてポイントを狙い撃ちで貯めよう!

共通ポイントだけでも大きく3種類あります(Tポイント・ポンタ・楽天)が、それぞれ貯めてもまったく貯まらないので、どれか1つに絞って狙い撃ちでそのポイントを意識して貯める自分なりの「仕組みやルール」を最初に作ってしまうと思いのほか、ポイントが溜まっていきます。具体的な事例としては、私の場合、ポンタポイントを選択(貯まったポンタポイントで年に1度宿泊予約サイトじゃらん経由でポイントのみで家族旅行に行くという目標:じゃらんはポンタポイントが使えます)。水道光熱費・各種保険料の支払いには、リクルートカードプラス(現在新規募集停止)で2%のポイント、スーパー・コンビニ・カフェの支払い用の電子マネーのチャージには、リクルートカード(VISA)で1.2%のポイント、ドコモの携帯料金支払い(家族全員分)は、dカード・ゴールドで10%のポイント、ガソリンの給油にはシェルポンタクレジットカードで、4%のポイント(通常1%だが毎週水曜日のキャンペーン中で+3%増額中、これは場所によります)。このようなポンタポイントの狙い撃ちで、年間約3万~4万ポイントが自動的に貯まる仕組みを自分で考えて作りました。Tポイントでも楽天ポイントでも、このような仕組みが作れますので、最初に自分の生活をよく考えて戦略的にクレジットカードを作成して使っていくのが重要です。ただ、ポイントのための無駄使いは、まったくのナンセンスですが(笑)。ポイントを意識するだけで、日常生活を少しだけ豊かに変えてくれるものなので、おすすめです。